コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケリュケス kērykes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケリュケス
kērykes

古代ギリシアの伝令ホメロスの時代は,王意の公布と遂行,集会の秩序維持,共同体間の和平交渉にあたり,他方神に供える犠牲などの世話をする宗教的職務を有した。アテネの名門ケリュケス家とスパルタの名門タルチビアダイ家の存在にうかがわれるごとく,共同体にとり重要な存在であった。のちには条約締結権をもつ使節が制度的に発展した結果,集会や法廷で行政官を助ける触れ役とか,戦時,自由に国家間を伝令する伝令役とかの比較的軽い役となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケリュケスの関連キーワードカリアスとヒッポニコス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android