コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルゲレン[諸島] ケルゲレン

2件 の用語解説(ケルゲレン[諸島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケルゲレン[諸島]【ケルゲレン】

インド洋南部,ほぼ東経70°南緯50°にあるフランス領の諸島。約300の小島からなる。主島は火山島で,最高点は1865m。氷河があり,海岸にはフィヨルドが発達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケルゲレン[諸島]【Îles Kerguélen】

インド洋南縁部,南緯48~50゜,東経68~70゜に広がり,同名の主島と約300の小岩島群からなる。総面積約7000km2。1772年フランスのY.J.ド・ケルゲレンにより発見されたが,長い間無人のままであった。1950年南極観測基地ポルトー・フランセが主島に開設されて以降,断続的に観測隊が送り込まれている。諸島は南極大陸クイーン・メリー・ランドの方向に延びるケルゲレン海台の北部に噴出した火山性のもので,主島の南部には活火山のロス山(1865m)がそびえ,中部には約600km2のクック氷河が広がり,沿岸には多数のフィヨルドがみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケルゲレン[諸島]の関連キーワードインド洋インド半島近海区域ケララ東経南緯インド洋の死闘激闘インド洋復讐のインド洋インド洋表層海流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone