コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルスス禿瘡 けるすすとくそう Celsus' Kerion

1件 の用語解説(ケルスス禿瘡の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

けるすすとくそう【ケルスス禿瘡 Celsus' Kerion】

[どんな病気か]
 頭部に生じた「いわゆる深在性白癬(しんざいせいはくせん)」です。子どもに多く、頭部浅在性白癬(せんざいせいはくせん)に副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンステロイド)薬を外用した結果おこる例が目立ちます。原因は、犬小胞子菌(いぬしょうほうしきん)の感染が約半数で、猩紅(しょうこう)色菌、毛瘡菌(もうそうきん)、石膏状小胞子菌(せっこうじょうしょうほうしきん)、疣状菌(ゆうじょうきん)などの感染によることもあります。
[症状]
 毛孔(もうこう)に膿疱(のうほう)、かさぶたが生じ、皮膚が赤く腫(は)れたり、膿(うみ)がたまってぶよぶよになります。毛が簡単に抜け、脱毛斑(だつもうはん)ができます。くびのリンパ節が腫れたり、発熱、倦怠感(けんたいかん)などの全身症状をともなうこともあります。
 抗白癬剤を2~3か月間内服すると治ります。脱毛もやがて回復します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ケルスス禿瘡の関連キーワード欠米鞍部眼柄年女鳥居枠何心地不死身プリマドンナ病は気から電気聴覚効果

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone