膿疱(読み)のうほう

百科事典マイペディア「膿疱」の解説

膿疱【のうほう】

発疹の一種。水疱の内容が膿汁のもので,水性疾患が二次感染で化したものを二次性膿疱という。膿疱の外観は黄〜灰白色,周囲に発赤を伴い破れて痂皮(かひ)を形成する。膿痂疹(のうかしん),湿疹帯状疱疹などにみられる。
→関連項目カポジー水痘様発疹天然痘発疹ヘルペス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「膿疱」の解説

膿疱
のうほう
pustule; pustula

黄白色の膿汁を内容とする水疱で,表皮内の空隙に多数の白血球がたまっている。大部分は病原菌感染によるものであるが,無菌性の膿疱もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「膿疱」の解説

のう‐ほう ‥ハウ【膿疱】

〘名〙 多少もりあがった膿をもつ発疹。まわりが赤く、破れるとかさぶたができる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の膿疱の言及

【にきび】より

…医学的には尋常性痤瘡(ざそう)acne vulgarisという。顔や胸,背などにでき,面皰(めんぽう)(毛囊内に皮脂がたまってできる),丘疹,膿疱,小結節,ときに囊腫が混在する慢性角化性炎症。脂腺の機能亢進と脂腺排出管の角化亢進がおもな病因とされる。…

【発疹】より

…尋常性天疱瘡(てんぽうそう)は皮膚粘膜に表皮内水疱を形成する難治性の疾患で,患者の血清中には表皮細胞間物質に対する抗体が証明されることから,その水疱形成機序として抗原抗体反応が考えられている。(5)膿疱pustule 小水疱,水疱の内容物が黄白色調に濁った膿になったもので,白血球が主成分である。伝染性膿痂疹いわゆる飛火にみられる膿疱は細菌感染によるもので,膿から原因菌が培養できるが,ベーチェット病にみられる多発する膿疱や掌蹠(しようしよ)膿疱症の手掌,足底に多発する膿疱は無菌性膿疱で,膿を培養しても細菌は出ない。…

※「膿疱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android