コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンブリッジ歌謡集 ケンブリッジかようしゅう Carmina Cantabrigiensia[ラテン]

1件 の用語解説(ケンブリッジ歌謡集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケンブリッジかようしゅう【ケンブリッジ歌謡集 Carmina Cantabrigiensia[ラテン]】

11世紀に書写編纂された,もっとも古い中世ラテン抒情詩集の一つ。現在ケンブリッジ大学図書館に収蔵されているためにこの名で知られている。収録されている49編中の詩の大半は下ライン川流域で作られ,残りはフランスイタリアなどの学僧たちの作であり,わずかではあるが古典期ラテン詩からの抜粋も含まれていて,中世抒情詩集としては大陸色の濃い特徴をもつものである。半ばは賛美歌続唱(セクエンティアエ)であるが,聖母マリアキリスト復活,聖者伝などの宗教的抒情詩,王侯の戴冠式祝詩,頌徳詩,葬礼追悼詩など歴史上のできごとをテーマにした諸詩編もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のケンブリッジ歌謡集の言及

【ラテン文学】より

…10世紀のオットー帝国もイタリア文化を尊重してラテン語を公用語にしたが,12世紀から13世紀にかけて再びルネサンス運動が起こって,ボローニャ,パリ,オックスフォードなど各地に相ついで大学が創設され,アベラール,トマス・アクイナス,R.ベーコンなどの大学者が登場した。このころに《ケンブリッジ歌謡集》《カルミナ・ブラーナ》などの詩集と,《黄金伝説》《ゲスタ・ロマノルム》などの伝説集が成立している。 14世紀はダンテ,ペトラルカ,ボッカッチョの世紀,イタリア・ルネサンスの前夜である。…

※「ケンブリッジ歌謡集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケンブリッジ歌謡集の関連キーワード写経授時暦ブルガリア語モルモット最古書写書写すコーダー城ホットモックホットモックアップ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone