コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーシングパイプ casing pipe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーシングパイプ
casing pipe

地層の崩壊や坑井内への地層流体の侵入を防止するために坑井に降入する鋼管。坑井がビットで掘削されたままの状態を裸坑というが,裸坑が長くなるといくつかの地層の間の圧力の不均衡によって流体の出入りや地層の崩壊が生じるので,適当な深度ごとに鋼管を挿入して地層との間をセメントで固める一連の作業が必要であり,特に裸坑に内枠を設けることをケーシングと呼ぶ。通常使用されるパイプは長さが9~12m前後でねじで継足して利用され,同一の坑井では挿入を重ねるごとに次々とより小口径のケーシングパイプを使用することになるが,同一坑井に使用されるものは通常4~5種類である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケーシングパイプの関連キーワードセメンティング[坑井]ガン・パーフォレータグラベルパッキングチュービングパイプセメントボンドログ坑口装置油井

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android