コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーシングパイプ ケーシングパイプ casing pipe

1件 の用語解説(ケーシングパイプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーシングパイプ
ケーシングパイプ
casing pipe

地層の崩壊や坑井内への地層流体の侵入を防止するために坑井に降入する鋼管。坑井がビットで掘削されたままの状態を裸坑というが,裸坑が長くなるといくつかの地層の間の圧力の不均衡によって流体の出入りや地層の崩壊が生じるので,適当な深度ごとに鋼管を挿入して地層との間をセメントで固める一連の作業が必要であり,特に裸坑に内枠を設けることをケーシングと呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケーシングパイプの関連キーワード整合層位学地質柱状図向斜第三系防砂不整合面スライド・マーク地層同定の法則排水トラップ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone