コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーターの可逆振り子 ケーターのかぎゃくふりこ Kater's reversible pendulum

1件 の用語解説(ケーターの可逆振り子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーターの可逆振り子
ケーターのかぎゃくふりこ
Kater's reversible pendulum

重力加速度 gの絶対測定のために用いられる実体振り子。平たい金属棒の両端近くに懸垂用のナイフエッジ N1,N2 が取付けられ,おもりが数個ついてそれらは棒に沿って移動できる。どちらのエッジを支持したときも振り子運動の周期 T が同じになるように,おもりの位置を適当に調節すれば,この振り子の等価単振り子の長さは両エッジ間の距離 l で与えられるので,重力加速度 gの値は g=4π2l/T2 で与えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケーターの可逆振り子の関連キーワード重さ重力加速度絶対測定標準大気ジー斜面加速度運動CVT寒天培地ヘルマートの公式Gスーツ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone