コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーターの可逆振り子 ケーターのかぎゃくふりこKater's reversible pendulum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーターの可逆振り子
ケーターのかぎゃくふりこ
Kater's reversible pendulum

重力加速度 gの絶対測定のために用いられる実体振り子。平たい金属棒の両端近くに懸垂用のナイフエッジ N1,N2 が取付けられ,おもりが数個ついてそれらは棒に沿って移動できる。どちらのエッジを支持したときも振り子運動の周期 T が同じになるように,おもりの位置を適当に調節すれば,この振り子の等価単振り子の長さは両エッジ間の距離 l で与えられるので,重力加速度 gの値は g=4π2l/T2 で与えられる。実際には,エッジ N1 または N2 を支持したときの周期 T1T2 が近くなるよう調節できるだけであって,重心Gと各エッジとの距離を h1h2 とすれば,次の式によって gの値が求められる。
可逆振り子での gの測定精度は 1mGal=10-5m/s2 程度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケーターの可逆振り子の関連キーワードボルダの振り子重力加速度可逆振り子

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android