ゲインズバラ(英語表記)Gainsborough, Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲインズバラ
Gainsborough, Thomas

[生]1727.5.14. 〈洗礼〉サフォーク,サドベリ
[没]1788.8.2. ロンドン
イギリスの画家。 1742年ロンドンに出て F.ヘイマンに学んだが,おもに A.ファン・ダイク,A.ワトーならびに 17世紀のオランダ風景画の影響を受けた。肖像画,風景画にすぐれ,68年ロイヤル・アカデミーの創立とともにその会員に選ばれた。 J.レイノルズと並ぶ最もすぐれた画家として数多くの王侯貴族の肖像を描いた。また自然の光をみごとにとらえた風景画はイギリス風景画の最初の大成とされる。主要作品『青衣の少年』 (1770,サンマリノ,ハンティントン図書館) ,『グレイアム夫人』 (77頃,スコットランド国立美術館) ,『朝の散歩』 (85,ロンドン,ナショナル・ギャラリー) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android