コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲインズバラ Gainsborough, Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲインズバラ
Gainsborough, Thomas

[生]1727.5.14. 〈洗礼〉サフォーク,サドベリ
[没]1788.8.2. ロンドン
イギリスの画家。 1742年ロンドンに出て F.ヘイマンに学んだが,おもに A.ファン・ダイク,A.ワトーならびに 17世紀のオランダ風景画の影響を受けた。肖像画,風景画にすぐれ,68年ロイヤル・アカデミーの創立とともにその会員に選ばれた。 J.レイノルズと並ぶ最もすぐれた画家として数多くの王侯貴族の肖像を描いた。また自然の光をみごとにとらえた風景画はイギリス風景画の最初の大成とされる。主要作品『青衣の少年』 (1770,サンマリノ,ハンティントン図書館) ,『グレイアム夫人』 (77頃,スコットランド国立美術館) ,『朝の散歩』 (85,ロンドン,ナショナル・ギャラリー) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲインズバラの関連キーワードジョナサン・バトールの肖像ウォレス・コレクションクイーンズ・ギャラリー蝶を追う画家の娘たちテートブリテンブルー・ボーイクリスティーズスウェイン1世イギリス美術ジェームズ5月14日モンロー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゲインズバラの関連情報