ゲッティンゲン詩派(読み)げってぃんげんしは

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文字どおりには「ゲッティンゲンの森の同盟」Gttinger Hainbundと名のっていた若い詩人(主としてゲッティンゲンの大学生)たちの集団。年刊詩集『ゲッティンゲン詩神年鑑(ムーゼンアルマナハ)』をよりどころとして、1772年に発足、クロプシュトックを強く称揚し(集団の名称もこの詩人の詩『丘と森』に基づく)、啓蒙(けいもう)主義の合理的世界観に抗して直接的な情感を素朴に表現し、また自然や祖国への愛を熱烈に歌った。ボイエ、フォス、ヘルティ、ミラーJohann Martin Miller(1750―1814)、シュトルベルクChristian. R. Stolberg(1748―1821)、クラーマーJohann Andreas Cramer(1723―88)、ライゼウィツJohann Leisewitz(1752―1806)らがこれに属していた。[田口義弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android