情感(読み)ジョウカン

デジタル大辞泉の解説

じょう‐かん〔ジヤウ‐〕【情感】

物事に接したときに心にわき起こる感情。また、人の心に訴えるような、しみじみした感じ。「情感あふれる詩」「情感をこめて歌う」
感情」に同じ。
「人心の正邪清濁、喜怒哀楽の―に至るまでも」〈福沢福翁百話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐かん ジャウ‥【情感】

〘名〙
① 感動すること。感心すること。
※扶桑集(995‐999頃)九「酬和之詞、韻高調奇、情感難抑重以吟贈」
※十訓抄(1252)一「自筆にてかき付られたりけるを、範永情感にたえず」
② 喜、怒、哀、楽の情。感情。
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉一〇〇「人心の正邪清濁喜怒哀楽の情感(ジャウカン)に至るまでも五官の能く達する所と為る可し」 〔新唐書‐張公謹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報