コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲラル Gerar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲラル
Gerar

パレスチナの南西部,地中海近くにあった都市。現在のテルアルシャリアと思われる。ベエルシバとガザに隣接し,エジプトへの中継地であった。ペリシテ人のアビメレクが治めていたとき,アブラハムイサクはこの地に居留したことがあるとされる (創世記 20,21,26章) 。また『歴代志下』 14章には,ユダの王アサ (前 908~867) がエチオピア人ゼラの軍をこの地まで追いつめて全滅させたとある。その後ギリシアの植民地となり,ゲラディケの名で知られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲラルの関連キーワードゲラルド[クレモナの]レギオモンタヌスベール・シェバ共同生活兄弟会正距方位図法ベールシェバモナ・リザパレスチナメネラオスオランダ史4月6日3月5日ゲラルドマオウ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android