コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルミヤン侯国 ゲルミヤンこうこくGermiyanoǧulları

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルミヤン侯国
ゲルミヤンこうこく
Germiyanoǧulları

1300年頃にアリーシールオウル・ヤークブ・ベイがアナトリア西部のキュタヒヤデニズリを中心として建てた侯国アンカラの戦い (1402) ではオスマン側に加担したが,1429年オスマン帝国の支配を受入れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲルミヤン侯国の関連キーワードムラト(1世)アンカラ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android