コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンカラの戦い アンカラのたたかい

2件 の用語解説(アンカラの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンカラの戦い
アンカラのたたかい

1402年7月,アンカラの北郊でバヤジッド1世の率いるオスマン帝国軍とチムール (帖木児) トルコモンゴル軍との間に行われた決戦。オスマン軍の敗北に終り,バヤジッド1世は捕虜となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンカラの戦い
あんからのたたかい
Ankara

1402年にティームールオスマン・トルコのバヤジト1世との間に行われた戦い。バヤジト1世がティームールに味方した小アジアの諸侯を圧迫し、とくにシバス侯国を攻撃したので、ティームールはインド象軍を含む15~16万の大軍を率いて小アジアに侵入し、バヤジト1世は7~8万の兵力をもってこれを迎えた。戦いは7月20日、アンカラ北方のチュブク草原で早朝から夜にかけて行われたが、トルコ軍のなかにはティームール側へ寝返るものが続出し、バヤジト1世の親衛軍団イェニ・チェリもほとんど全滅してトルコ軍は大敗した。バヤジト1世は逃げる際に乗馬が倒れて捕虜となり、檻(おり)に入れられて連行されたが、翌1403年病死した。一説には自殺したともいう。こののちバヤジト1世の遺子の間にスルタン位をめぐる争いが起こって、約10年間空位時代が続き、オスマン・トルコ領は分裂して、その発展が一時遮られた。
 戦いの原因について、これは、ティームールに敵対したトルコ系黒羊部(カラ・コユンル)の族長をバヤジトが保護したために起こったという説もある。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンカラの戦いの関連キーワードアンカー郊祀喧嘩早いシバヤク山オヤジ探偵ヴァチカンからの暗殺者アンカラトラ岩アンカラの戦バヤジト[1世]千葉弥次馬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone