ゲンペイクサギ(源平臭木)(読み)ゲンペイクサギ(英語表記)Clerodendron thomsonae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンペイクサギ(源平臭木)
ゲンペイクサギ
Clerodendron thomsonae

クマツヅラ科の常緑つる性低木。西アフリカ原産,観賞のため温室で栽培される。クサギと同属で,花冠は赤く萼が白く,その対照が鮮かなので源平臭木と呼んだものである。近頃は属名のクレロデンドロンの名で呼ばれることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android