近頃(読み)チカゴロ

デジタル大辞泉「近頃」の解説

ちか‐ごろ【近頃】

[名]このごろ。最近。近来。副詞的にも用いる。「近頃の若い者は」「近頃手に入れた品」
[副]《「近ごろになく」の意から》はなはだ。非常に。
「―かたじけなし」〈咄・露がはなし・二〉
[形動ナリ]
大変結構だ。
「それは―にて候」〈謡・芭蕉〉
もってのほかだ。
「やい石見守、―なる雑言」〈浄・本朝用文章〉
最近[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「近頃」の解説

ちかき【近】 頃(ころ)

このごろ。最近。ちかごろ。
※発心集(1216頃か)七「近来(チカキコロ)の事にや、或智者のおちぶれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android