コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマツヅラ科 クマツヅラか Verbenaceae

2件 の用語解説(クマツヅラ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマツヅラ科
クマツヅラか
Verbenaceae

双子葉植物シソ目の1科。世界の熱帯,亜熱帯地方を中心に約 100属 3000種が分布し,日本にもムラサキシキブCallicarpaをはじめ多数の属と種類がある。科全体としては高木,低木,多年草などさまざまである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマツヅラ科
くまつづらか
[学]Verbenaceae

双子葉植物、合弁花類。草または木。葉は対生か輪生し、托葉(たくよう)はない。花は両性で左右相称、花冠は筒状または唇形で4、5裂する。雄しべは4本、まれに2または5本のものもあり、花冠裂片に互生する。子房は上位につき2~4室、胚珠(はいしゅ)は各室に1、2個ある。果実は痩果(そうか)、核果または分果。世界に約100属2600種がおもに熱帯から亜熱帯に分布し、日本にクサギ属、ムラサキシキブ属など7属22種が野生し、ほかに帰化種や栽培種にバーベナ属やランタナ属などがある。有用材のチークもこの科の仲間である。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクマツヅラ科の言及

【クマツヅラ】より

…野原や低地の道端に生える,高さ30~80cmのクマツヅラ科の多年草(イラスト)。茎は直立して方形,まばらに毛がある。…

※「クマツヅラ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クマツヅラ科の関連キーワード双子葉植物単子葉植物アルピニア亜熱帯植物主根浜菱網状脈亜熱帯林双子葉類セイロンベンケイ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クマツヅラ科の関連情報