コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマツヅラ科 クマツヅラかVerbenaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマツヅラ科
クマツヅラか
Verbenaceae

双子葉植物シソ目の1科。世界の熱帯,亜熱帯地方を中心に約 100属 3000種が分布し,日本にもムラサキシキブCallicarpaをはじめ多数の属と種類がある。科全体としては高木,低木,多年草などさまざまである。また,熱帯にはつる性のもの,乾燥地域ではとげをもつ種類が多数みられる。葉はおおむね対生,ときに輪生する。花は多数集って穂状,総状などの花序 (→穂状花序 , 総状花序 ) となり,ランタナLantanaのように頭状の花序 (→頭状花序 ) をつくるものもある。個々の花は5数性の両性花で,合弁花冠をもち,この花冠は通常左右対称形となる。おしべは普通4本,めしべの子房も4室のものが多い。熱帯材の原木として有名なチークや,ランタナ,ビジョザクラ (美女桜) など観賞用園芸植物を含む。海岸によく群生するハマゴウ (蔓荊) もこの科の植物である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマツヅラ科
くまつづらか
[学]Verbenaceae

双子葉植物、合弁花類。草または木。葉は対生か輪生し、托葉(たくよう)はない。花は両性で左右相称、花冠は筒状または唇形で4、5裂する。雄しべは4本、まれに2または5本のものもあり、花冠裂片に互生する。子房は上位につき2~4室、胚珠(はいしゅ)は各室に1、2個ある。果実は痩果(そうか)、核果または分果。世界に約100属2600種がおもに熱帯から亜熱帯に分布し、日本にクサギ属、ムラサキシキブ属など7属22種が野生し、ほかに帰化種や栽培種にバーベナ属やランタナ属などがある。有用材のチークもこの科の仲間である。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクマツヅラ科の言及

【クマツヅラ】より

…野原や低地の道端に生える,高さ30~80cmのクマツヅラ科の多年草(イラスト)。茎は直立して方形,まばらに毛がある。…

※「クマツヅラ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クマツヅラ科の関連キーワードゲンペイクサギ(源平臭木)ボウシュウボク(防臭木)カリガネソウ(雁金草)ハマクサギ(浜臭木)Callicarpaクマツヅラ(熊葛)ゲンペイクサギクサギ(臭木)カリガネソウイワダレソウイボタクサギマングローブクマツヅラドゥランタ藪紫・薮紫ハマクサギ源平臭木左右相称ダンギクバーベナ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android