コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサギ

百科事典マイペディアの解説

クサギ

日本全土,東アジアの山野にはえるクマツヅラ科の落葉低木。葉には一種の臭気があり,広卵形で大きく,長い柄があって対生する。8〜9月,白色の香りのよい花が,枝先に集まって咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クサギ【Clerodendron trichotomum Thunb.】

山野の道端や林のふちなどに多いクマツヅラ科の高さ1~数mの落葉低木(イラスト)。小枝は比較的まばらで,太さ6mm内外,若いときは軟毛がある。葉は対生し,ふつう向き合った2枚のうち,1枚は大きく,もう1枚がやや小型となることが多く,さわると独特の臭気がある。葉身は三角状卵形で長さ8~15cm,幅5~10cm,裏面にはふつう軟毛がある。葉柄は左右長さが不同である。夏から秋にかけて枝先に散房花序を作って白い花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサギ
くさぎ / 臭木
[学]Clerodendron trichotomum Thunb.

クマツヅラ科の落葉低木ないし小高木。葉は対生し、長い柄があり、三角状卵形、長さ7~16センチメートル、先は鋭くとがり、縁(へり)はほとんど全縁で、裏面に軟毛がある。葉や花に強い臭気があるのでクサギという。7~9月、枝先の集散花序に白花を開く。萼(がく)は5深裂し、つぼまっているが、結果時には平開して紅赤色になる。花冠は5裂し、基部は細長い筒になり、4本の雄しべと花柱が花外に突き出ている。果実は球形で9~10月に青色に熟す。山野に普通に生え、北海道南部、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国に分布する。変種のアマクサギは全体がほぼ無毛で九州南部、沖縄に分布。若葉は食用になり、果実を草木染めに用いる。中国では海州常山(かいしゅうじょうざん)とよび、葉を高血圧、神経痛、頭痛などに用いる。クサギ属は世界の熱帯、亜熱帯を中心に約400種ある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クサギの関連情報