コアコンクリート反応(読み)コアコンクリートハンノウ

デジタル大辞泉「コアコンクリート反応」の解説

コアコンクリート‐はんのう〔‐ハンオウ〕【コアコンクリート反応】

原子炉炉心溶融事故が発生した際に、溶融した炉心原子炉圧力容器を貫通して、炉心溶融物が原子炉格納容器に放出され、原子炉格納容器のコンクリートを侵食すること。炉心溶融物を冷却できない場合、反応が継続し、格納容器が破壊される。→コアキャッチャー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android