コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炉心 ろしんcore; reactor core

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炉心
ろしん
core; reactor core

核分裂炉のウラン,プルトニウムなどの核燃料が存在し,核分裂連鎖反応が起りうる領域。あるいは核融合炉制御核融合を起す高温のプラズマのある部分。現在,原子力発電の主流になっている軽水炉の炉心は,ウラン酸化物燃料をセラミックス状に焼固めたペレットを直径 1cm,長さ 4m程度のジルカロイ製円筒 (被覆管) に収めて1本の燃料ピンとし,これを4万~5万本まとめて一定間隔で配列したものである。その間を中性子減速と炉心冷却のための軽水が流れ,中性子の吸収量を調節して出力制御を行う制御棒が挿入されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろしん【炉心】

原子炉で核分裂連鎖反応が起こっている部分。核燃料・減速材・冷却材・制御材などから構成される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

炉心の関連キーワードストレステスト(耐性評価)ホットスポット[原子炉]コアコンクリート反応溶岩状燃料含有物質コアキャッチャー炉心スプレー装置スーパーGAU沸騰水型原子炉沸騰水型軽水炉ローソンの条件原子炉圧力容器核燃料含有物質炉心シュラウド臨界実験装置メルトダウンブランケット原子炉材料一次冷却材燃料デブリ一次冷却水

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炉心の関連情報