炉心(読み)ろしん(英語表記)core; reactor core

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炉心
ろしん
core; reactor core

核分裂ウランプルトニウムなどの核燃料が存在し,核分裂連鎖反応が起りうる領域。あるいは核融合炉制御核融合を起す高温プラズマのある部分。現在,原子力発電の主流になっている軽水炉の炉心は,ウラン酸化物燃料をセラミックス状に焼固めたペレットを直径 1cm,長さ 4m程度のジルカロイ製円筒 (被覆管) に収めて1本の燃料ピンとし,これを4万~5万本まとめて一定間隔で配列したものである。その間を中性子減速と炉心冷却のための軽水が流れ,中性子の吸収量を調節して出力制御を行う制御棒が挿入されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろ‐しん【炉心】

〘名〙 炉の中心。特に、原子炉の中心。核燃料があり、核分裂の連鎖反応がおこる所。発電炉などでは高温となる。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android