コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウヤノマンネンゴケ コウヤノマンネンゴケ

2件 の用語解説(コウヤノマンネンゴケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウヤノマンネンゴケ
コウヤノマンネンゴケ

「コウヤノマンネンスギ (高野の万年杉)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウヤノマンネンゴケ
こうやのまんねんごけ
[学]Climacium japonicum Lindb.

コケ植物マンネンゴケ科の1種。山地の林の中の腐植土上に生え、地下茎から高さ5~7センチメートルの直立茎が出る。直立茎は中ほどから上のほうで羽状に多数の枝を出し、樹枝状の形をつくる。高野山でこのコケを守護札のかわりに売っていたことからつけられた名で、水中花に利用したりする。日本では、北海道から九州にかけて分布する。よく似ているものにフジノマンネンゴケPleuroziopsis ruthenicaがあるが、枝分れが2回羽状になり、より高地に生える。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコウヤノマンネンゴケの言及

【コウヤノマンネングサ】より

…マンネンゴケ科の大型の美しい蘚類。コウヤノマンネンゴケともいう。東アジアに分布し,日本では各地の林床に生育し,まばらな群落をつくる。…

※「コウヤノマンネンゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone