コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水中花 スイチュウカ

4件 の用語解説(水中花の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいちゅう‐か〔‐クワ〕【水中花】

コップなど、水を入れたガラス器の中で開かせる造花。 夏》「―培(つちか)ふごとく水を替ふ/波郷

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すいちゅうか【水中花】

ヤマブキの茎,タラノキの芯(しん)や細かい木片を彩色して小さく圧縮した細工物。これを酒や水の中に入れると泡をだしながら美しい花鳥や人形となって浮かんでくる。おもに各種の花を題材としたのでこの名がついた。江戸時代に中国から渡来したものらしい。延宝年間(1673‐81)のころから酒席の遊びとして杯に浮かべて楽しんだので,〈酒中花〉あるいは〈杯中花〉ともよばれた。1695(元禄8)刊の《西鶴俗つれづれ》(井原西鶴)には〈桜をあるとき酒中花にしかけて〉とあり,同じくその挿絵に〈長さき酒中花つくり花からくり〉と記した看板が描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すいちゅうか【水中花】

水に入れると水を吸って開き、草花の形になる造花。タラノキの芯しんや細い木の枝に彩色して作りコップの中に入れて観賞する。 [季] 夏。 《 泡ひとつ抱いてはなさぬ- /富安風生 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水中花
すいちゅうか

ヤマブキの茎、タラの木の芯(しん)や細かい木片に、彩色して小さく圧縮し、酒または水を入れたコップの中などに入れると、泡(あわ)を出しながら美しい花鳥、人形となって浮かぶ玩具(がんぐ)。おもに各種の花を題材とし、水中で開くのでこの名がある。俳諧(はいかい)では酒中花ともいい、夏の季語。江戸時代、延宝(えんぽう)年間(1673~81)のころから酒席の遊びとして、これを酒杯に浮かべて楽しんだ。1678年(延宝6)刊の『誹諧(はいかい)江戸新道』に、「酒中花やみぬ唐(もろこし)のよし野川」の句がある。杯中花ともよばれた。また1695年(元禄8)刊の『西鶴(さいかく)つれづれ』には、「桜をある時酒中花にしかけて」とあり、その挿絵に、「長さき酒中花つくり花からくり」と記した看板を描いている。中国から長崎あたりに伝えられたものらしい。明和(めいわ)年間(1764~72)ころからは、江戸・浅草観音の楊枝店(ようじみせ)で売られ、名物となった。現在も夏の縁日の夜店などにみられる。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水中花の関連キーワード白山吹八重山吹山蕗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水中花の関連情報