高野山(読み)こうやさん

百科事典マイペディア「高野山」の解説

高野山【こうやさん】

和歌山県伊都郡高野町,紀伊山脈中の楊柳山,陣ヶ峰,弁天岳などに囲まれた平たん地。標高約900mで,一帯スギ,マツ,マキ,ヒノキ,モミ,ツガのいわゆる高野六木の森林地帯。山頂に金剛峯寺,霊宝館などがあり,子院や宿坊,学校,みやげもの店などが門前町(高野町の中心)を形成する。高野竜神国定公園に属し,参拝を兼ねた避暑客,行楽客が多い。明治以前は女人禁制であった。南海電鉄高野線が通じ,ケーブルカーの便がある。また,霊宝館には金剛峯寺をはじめ諸院の宝物が収蔵,展示されている。絵画では平安期の仏涅槃(ぶつねはん)図,阿弥陀聖衆来迎図や〈赤不動〉など,彫刻では不動堂の八大童子像をはじめとする平安・鎌倉期の優作が多数ある。また,空海筆の聾瞽指帰(ろうこしき)や金銀字一切経(中尊寺経),宝簡集等文筆書跡にもすぐれたものが多い。2004年紀伊山地霊場と参詣道として世界遺産条約の文化遺産リストに登録された。
→関連項目阿【て】河荘荒川荘石童丸相賀荘大田荘官省符荘紀伊続風土記紀伊国紀見峠空海神野真国荘高野[町]高野街道高野口[町]高野山大学高野聖雑賀一揆真田氏真田幸村三十帖冊子寺院法度真言宗智山派神野寺曾我直庵鞆淵荘名手荘丹生都比売神社根来衆根来寺鑁阿仏教平安仏教増田長盛南部荘和歌山[県]渡辺津

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高野山」の解説

高野山
こうやさん

和歌山県北東部の山地。紀伊山地北部に位置し,高野町に属する。弁天岳 (985m) ,楊柳山 (1009m) ,転軸山 (900m) ,摩尼山 (1004m) ,陣ヶ森 (1106m) などを含む山塊の総称で,一帯はコウヤマキ,ヒノキ,スギなどの巨木に覆われ,これらの山の峰に囲まれて面積約 8km2隆起準平原の平坦面がある。弘仁7 (816) 年空海が,ここに真言密教の道場金剛峯寺創建,高野山はその山号でもある。明治5 (1872) 年の解禁まで山上は女人禁制で,七口と呼ばれる参詣路のそれぞれに女人堂があったが,現在は不動坂口だけに残っている。 1929年以来,大阪から電車とケーブルが開通し,観光地化が進んだ。龍神温泉と結ぶ高野龍神スカイラインも通じる。高野龍神国定公園に属する。 2004年紀伊山地の霊場と参詣道として,熊野三山などとともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「高野山」の解説

こうや‐さん カウヤ‥【高野山】

[一] 和歌山県伊都郡高野町にある高野山真言宗総本山、金剛峯寺(こんごうぶじ)の山号または通称南山
[二] 和歌山県北東部の山地。陣ケ峰(一一〇六メートル)、楊柳山(一〇〇九メートル)などに囲まれ、紀ノ川有田川分水嶺をなす標高八百メートルの山頂平坦面。弘仁七年(八一六弘法大師が開山し、真言宗の霊場となり、金剛峯寺など一群寺院がある。野山。南山。南岳。八葉峰。

たかの‐やま【高野山】

[一] 出雲国(島根県)意宇郡にある山。現在の安来市と八束郡東出雲町の境にあたる。京羅(蘭)木(きょうらぎ)山。萩山。
※新勅撰(1235)雑一・一〇八三「たかのやま奥まで人の訪ひ来ずは静かに峰の月は見てまし〈藤原成頼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高野山」の解説

こうや‐さん〔カウヤ‐〕【高野山】

和歌山県北東部の山地。標高1000メートル内外の山に囲まれた準平原真言宗の総本山金剛峰寺こんごうぶじと門前町の高野町こうやちょうがある。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。
金剛峰寺の山号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「高野山」の解説

高野山
(通称)
こうやさん

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
高野山苅萱実記
初演
明治17.9(東京・春木座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「高野山」の解説

高野山
こうやさん

和歌山県北東部,伊都郡高野町にある山
山頂に真言宗総本山の金剛峯寺がある。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

事典・日本の観光資源「高野山」の解説

高野山

(和歌山県伊都郡高野町)
日本三大霊山」指定の観光名所。

高野山

(和歌山県伊都郡高野町)
七高山」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典 第2版「高野山」の解説

こうやさん【高野山】

和歌山県北東部にある陣ヶ峰,楊柳山,弁天岳など標高1000m前後の山々の間にひろがる平たん面一帯の総称。伊都郡高野町に含まれる。この平たん面は隆起準平原のなごりといわれる。周囲の山塊は紀ノ川支流の丹生川貴志川と有田川,十津(とつ)川の源流となっている。9世紀に空海がこの地に真言宗金剛峯寺を創建し,以後比叡山延暦寺と並ぶ山岳仏教の中心地として現在に至っている。明治末までに和歌山線が開通し,大正末までに南海電鉄高野線が極楽橋まで,昭和初めに南海高野ケーブルが高野山まで開通して京阪神からの交通の便がよくなり,観光客も多数訪れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高野山の言及

【阿氐河荘】より

…12世紀前半期には上荘(上村)と下荘(下村)に二分されており,それぞれ田数は約50町歩である。地の利のある高野山が11世紀初めよりしばしば当荘の領有を企て,とくに12世紀末には源平合戦の混乱に乗じて源頼朝・義経の安堵まで獲得したが,いずれも失敗に帰している。1197年(建久8)鎌倉幕府が天王寺と高野山大塔の用材採取のために,神護寺の僧文覚を下司職に補任,その弟子行慈が湯浅党の出身であったことから,下司職は湯浅宗光に譲渡された。…

【紀伊国】より

…式内社31座のうち,13座が名神大社であった(《延喜式》《和名抄》)。古代,紀ノ川流域に高野山金剛峯寺(こんごうぶじ),粉河寺(こかわでら)等が開創され,南部の熊野大社とともに貴賤の信仰を集め,平安中期以降は院や摂関家による高野山,熊野参詣がさかんに行われた。同じころから,これらの寺社領をはじめ多数の荘園が設立された。…

【高野聖】より

高野山を中心にして,全国に活躍した勧進聖。聖は古代宗教家の総名であったが,奈良時代から民間僧を指すとともに,半僧半俗の私度僧を指すようになった。…

【丹生都比売神社】より

…創建年代不詳。丹生都比売大神は天照大神の妹神で,高野御子神はその御子神といい,一説に神功皇后の三韓遠征にあたり神験あって,丹生都比売大神を当地に奉斎したのが創建といい,第三殿,第四殿は1208年(承元2)高野山の行勝上人が神託をうけ,それぞれ気比神,厳島神を勧請したものという。神階は859年(貞観1)従四位下,883年(元慶7)従四位上。…

【納骨】より

…これとおなじく羽黒山では霊祭殿で納骨と祖霊供養を,湯殿山では霊祭供養所で祖霊供養を受け付けるという。しかし納骨霊場で有名なのは高野山で,全国から納骨があつまるので日本総菩提所と称している。奥之院浄域内に大きな甕に入れて埋納したもので,平安末期からの甕や壺が出土している。…

【木食応其】より

…もと近江出身の武士。1572年(元亀3)高野山で出家し客僧となり,木食苦行して小野,広沢の2法流を受け,また仁和寺任助親王の室に入って阿闍梨位(あじやりい)を得た。85年(天正13)豊臣秀吉と高野山金剛峯寺との間を斡旋して豊臣政権下における高野山の地位を安泰に導き,91年の検地に際し非法が発覚した際にもとりなした。…

※「高野山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android