コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コカンド・ハン(浩罕汗)国 コカンド・ハンこくKokand Khanate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コカンド・ハン(浩罕汗)国
コカンド・ハンこく
Kokand Khanate

ウズベキスタンのコカンドを中心とした,18~19世紀の封建国家。 1710年,ウズベクのシャー・ルフがブハラ・ハン国から独立。アーリム (在位 1800~09) ,オマル (在位 09~22) ,ムハンマド・アリー (在位 22~42) 時代が最盛期で,南はパミール北部から北はカザフスターン南部,西はシルダリア下流から東は清にいたるまでを版図とした。 1876年,中央アジア征服を始めたロシアにより滅ぼされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コカンド・ハン(浩罕汗)国の関連キーワードクズイルオルダウズベキスタンフェルガナ盆地ヤクブ・ベクビシケク

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android