コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コカンド・ハン(浩罕汗)国 コカンド・ハンこくKokand Khanate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コカンド・ハン(浩罕汗)国
コカンド・ハンこく
Kokand Khanate

ウズベキスタンのコカンドを中心とした,18~19世紀の封建国家。 1710年,ウズベクのシャー・ルフがブハラ・ハン国から独立。アーリム (在位 1800~09) ,オマル (在位 09~22) ,ムハンマド・アリー (在位 22~42) 時代が最盛期で,南はパミール北部から北はカザフスターン南部,西はシルダリア下流から東は清にいたるまでを版図とした。 1876年,中央アジア征服を始めたロシアにより滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コカンド・ハン(浩罕汗)国の関連キーワードクズイルオルダウズベキスタンフェルガナ盆地ヤクブ・ベクビシケク

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android