コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブハラ・ハン国 ブハラ・ハンこくBukhara Khanate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブハラ・ハン国
ブハラ・ハンこく
Bukhara Khanate

16世紀末~20世紀初め,中央アジアにあった封建国家。シャイバーニー朝アブドゥッラー2世 (在位 1583~98) の死後,アストラハン家のバーキー・ムハンマドが建国。ブハラを首都として西トルキスタンを支配したが,封建的分裂の状態となり,18世紀にナーディル・シャーに征服された。ナーディル・シャーの死後マンギト朝が興り,国家はやや安定したが,1868年にロシア軍に敗れ,ロシアの保護国となった。十月革命後もこの国は存続したが,1920年9月人民大衆の蜂起が起り,ブハラ人民共和国が成立した。しかし,まもなく 24~25年,民族自決の原理によって新たに諸共和国がソ連領中央アジアにつくられると,それらのなかに編入された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブハラ・ハン国
ぶはらはんこく
Bukhr Khanate

16世紀初頭からブハラを首都に西トルキスタンの中南部を支配したウズベク人の三つの王朝、シャイバーニー朝(1500~99、首都がサマルカンドの時期もある)、アストラハン朝(1599~1782、ジャーン朝ともいう)、マンギット朝(1753~1920)に対する総称。ブハラは中央アジアにおけるイスラム教学と商業の中心地として知られた。政権はウズベク諸部族の抗争のために安定を欠いたが、18世紀末からロシアとの商業関係が深まるとともに国内統一が進展した。しかし、中央アジアの植民地化を目ざすロシアに敗れ、1868年から事実上その保護国となった。20世紀に入ると政治、社会制度の近代化を求める改革運動が芽生え、それはロシア革命と合流して、1920年の革命とブハラ人民ソビエト共和国(1920~24)の樹立に結実した。[小松久男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブハラ・ハン国の関連キーワードアブル・ガージー・バハードゥル・ハンコカンド・ハン(浩罕汗)国アク・ナザル・ハンコーカンド・ハン国トルクメニスタントルクメナバートイグナーチェフウズベキスタンヒバ・ハン国タジキスタン中央アジア史ナルシャヒーフェルガナクリャブカルシー

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android