コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャー・ルフ シャー・ルフ Shāh Rukh

2件 の用語解説(シャー・ルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャー・ルフ
シャー・ルフ
Shāh Rukh

[生]1377.8.20. サマルカンド
[没]1447.3.12. フィシャーワルド
イランチムール朝第3代の王 (在位 1409~47) 。中国史料には沙合魯と音写される。チムール (帖木児) の第4子。チムールの死後,一族の間に内訌が起ったが,任地ヘラートにあったシャー・ルフは機をみてサマルカンドに入り,王位についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャー・ルフ
しゃーるふ
Shah Rukh
(1377―1447)

ティームール朝第3代の王(在位1409~47)。ティームールの第4子。初めはホラサーン地方の総督であったが、本人の予想に反して王位についた。軍事的才能もあったが、文化的素質が豊かで、父がもたらした中央アジア西アジアの戦禍の復興に努力した。ヘラートを都とし、子のバイスンクルとともに学者、芸術家を保護し、図書館を建設した。一方、イラン、メソポタミア地方を支配するトルクメンの王朝、黒羊朝(カラクユンル)や、自らの軍隊の不平分子と戦わねばならなかった。また、父が征服を志した中国、明(みん)朝とも親善関係を保ち、李達(りたつ)、陳誠(ちんせい)らの使者が来訪したのも彼の統治時代である。彼の比較的長い治世は、地方政権ながらも政治的安定と文化的繁栄をもたらした。彼の妻ガウハル・シャードは教養があり信心深い婦人で、よく夫を助けた。[勝藤 猛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャー・ルフの関連キーワード撒馬児干マルカマルカート虫が納まるСамаркандскийマルカブ城マルカン百貨店サマルカンドの赤いばらサマルカンド紙サマルカンド-文化交差路

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone