コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封建国家 ほうけんこっか feudal state

4件 の用語解説(封建国家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

封建国家
ほうけんこっか
feudal state

国家の権力構造が封建的主従関係によって規定された国家。9世紀以来,典型的には 11世紀から 13世紀にかけて,イギリスフランス神聖ローマ帝国などでみられた国家形態である。そこでは権力秩序は封主と封臣との誓約に基づいた人的関係によって形成されていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

封建国家【ほうけんこっか】

封建的主従関係の下で組織された国家。近代国家と異なる点はおもに,領域国家ではなく,契約にもとづく個人の人的結合からなることである。国家機構は知行として臣下に分有され,国王の権力は絶対的でなかった。
→関連項目国家身分制国家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうけんこっか【封建国家 Lehensstaat[ドイツ]】

多数の独立権力が,国王を最高封主とする封建的主従関係の網の目を通じて,ピラミッド形に組織化されている国家。最も典型的な形でみられるのは,9世紀から13世紀までの西欧においてである。典型的な封建国家では,第1に国王の支配はその直属封臣だけに及び,国王と陪臣や一般人民との直結関係は存在しない。それゆえ統一的な行政は存在せず,国王をはじめとする各階層の封臣がそれぞれ各自の支配地域の行政を分担した。13世紀ころから,フランスでは国王が全国的規模で,ドイツではランデスヘルがラント単位で(ランデスヘルシャフト),陪臣以下一般人民との直結関係を回復し始めるが,これは権力集中過程の進行を,したがってまた封建国家の解体を意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

封建国家
ほうけんこっか

封建制概念の多義性に対応して、領主制や農奴制を下部構造としてもつ国家のことをさす場合もあるが、厳密には、西欧中世の、狭義の封建制、つまりレーン(封土)の授受を伴う主従関係を一つの主要な構成契機とする国家のこと。
 普通、封建制は、私的な主従関係であって、国家解体的な機能をもち、究極的には国家と両立しないもの、と解されがちであるが、これは正しくない。封建制の人的契機をなす従士制が、もともと国家の枠外で成立したという意味で私的な主従関係であったことはもちろんだが、それが国家のなかで重要な機能を営み、また量的に普及をみるに至ったについては、8世紀後半から9世紀初頭に至るフランク王権によるその国制化が決定的な役割を果たしている。さらに、フランスにおいては、13世紀になると、「土地にして(封建)主君なきはなし」という格言が生まれ、王権は、ある土地について、それが祖先伝来の自由世襲地であることが証明されない限り、もともと国王に発したレーンとして扱った。これはもっとも典型的な封建国家の事情を示すものであるが、それもまた、12世紀後半以降、王権が封建制を用いて集権化に努めた結果にほかならない。
 もちろん、封建制による集権化が可能であるためには、王権は、その実力的基盤として、ある程度強大な直轄的支配領域(広義の王領地)と直轄的行政組織をもたなくてはならない。しかし、そこでの支配は、封建制ではなく家産制の原理に立脚している。また、もともと封建制は、王権が限られた物的・技術的行政手段の能力をはるかに上回る広大な地域を支配する必要に直面したとき、当時現実的に可能な唯一の統治手段を提供した。たとえば、国内において固有の権力基盤をもち実力において王権と拮抗(きっこう)する豪族を国家に組み込もうとするとき、あるいは、新たに征服した地方に王権の支配を貫徹させようとするとき、王権にとっては、その豪族を封建家臣とするか、あるいは、自らの腹心である従士(家臣)をその地に派遣するか、それ以外の方法はなかったのである。しかし、彼らが在地で行った支配も大部分家産的なものである。その意味で封建国家においては、封建制が唯一の国家構成原理となることはなかった。それどころか、国王の従士や家臣ないし代理人が在地で現実に支配を貫徹するためにも、ある程度固有な権力基盤が必要であり、そこに絶えず国家解体への方向が内在していたことは否めない。[石川 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

封建国家の関連キーワード三権分立託身独立権イギリス国教会旨とする中立権日本版FCCマルチバリエイト分析司法権の独立騒じょう(約款用語)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

封建国家の関連情報