コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コカ・コーラウエストジャパン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コカ・コーラウエストジャパン

福岡,佐賀,長崎の3県を地盤とする日本コカ・コーラのボトラー。リコー系。 1960年日米飲料として設立,62年創業。同年,福岡,佐賀,長崎3県におけるコカ・コーラ,ファンタの製造・販売権を取得し,販売を開始。 63年社名を日米コカ・コーラボトリングに変更,さらに 73年北九州コカ・コーラボトリングと変更。 99年7月山陽コカ・コーラボトリングと合併し現社名となる。地域密着型の営業方針のもと,コカ・コーラボトラー内で最初に缶入りコーヒーを開発・発売したほか,87年には全国のボトラーに先駆けて PETボトルの成形を開始した。売上構成比は炭酸飲料 22%,非炭酸飲料 74%,その他5%。年間売上高 1179億 9100万円,資本金 148億 3700万円 (1998) ,従業員数 1696名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コカ・コーラウエストジャパンの関連キーワード近畿コカ・コーラボトリングコカ・コーラウエスト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android