コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コケシノブ科 コケシノブかHymenophyllaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コケシノブ科
コケシノブか
Hymenophyllaceae

シダ植物シダ目の1科で,一般に小型な植物群。コープランドによれば 34属 700種ほどを含む。全世界に分布するが特に熱帯に多い。着生または地上生。根茎は長く匍匐して葉をまばらにつけるか,短く立上がって葉を叢生する。葉は薄く,気孔がなく,ほとんどの種類で1細胞からなる。根茎,葉の軸などに毛がある。胞子嚢は胞子嚢床につく。胞子嚢群はコップ状または2弁状の包膜におおわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コケシノブ科の関連キーワードホソバコケシノブ(細葉苔忍)ハイホラゴケ(這洞苔)ハイホラゴケアオホラゴケコケシノブウチワゴケ高野苔忍丸葉洞苔ホラゴケ清澄苔忍銭苔羊歯蘇鉄洞苔前葉体青洞苔蔓洞苔鬼洞苔団扇苔鬼苔忍忍洞苔苔荵

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android