コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココフツォフ Vladimir Nikolaevich Kokovtsov

世界大百科事典 第2版の解説

ココフツォフ【Vladimir Nikolaevich Kokovtsov】

1853‐1943
ロシアの政治家。ノブゴロド県の貴族出身。1873‐79年,法務省勤務。内務省監獄局長,官房長を経て,96‐1902年大蔵次官として蔵相ウィッテを支えた。04‐14年(1905年10月~06年4月中断)蔵相。ウィッテとともにフランスからの借款に成功し,1905年の革命の抑圧と秩序回復につとめた。外政では露仏同盟の強化とドイツとの緊張緩和に努力し,内政ではストルイピン改革に同調した。ストルイピンの死後,11年9月首相となったが(蔵相兼任),14年1月解任。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ココフツォフの関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広徳川家慶アルゼンチン史ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android