コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コサイン誤差 コサインゴサ

2件 の用語解説(コサイン誤差の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コサイン‐ごさ【コサイン誤差】

被写体にピントを合わせた後、カメラの向きを変えて再フレーミングした時に生じるピントの誤差。比較的近距離で大口径レンズ開放絞りに近い状態で撮影する際などに顕著になる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

コサイン誤差

 1~2mぐらいの距離で、大口径レンズの絞りを開けて撮影する場合に生じるピント誤差のこと。人物撮影で目にピントを合わせ、その後カメラの向きを変えて再フレーミング、撮影すると、カメラがコサインカーブを描いてしまいピントがズレる。これをコサイン誤差と言う。これを防ぐためにAFカメラでも多点測距にし、撮影のフレーミングでピントを合わせられるようになっている。ただし、コサイン誤差は特定の条件下で起きるので、それほど気にする必要はない。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

コサイン誤差の関連キーワードアポクロマート口径比口径食中距離対眼レンズレトロフォーカスレンズレンズの子らガウスの結像公式(レンズ)レンズの方程式ラージボアライフル

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone