コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コゼニー‐カルマンの式 Kozeny-Carman's equation

1件 の用語解説(コゼニー‐カルマンの式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

コゼニー‐カルマンの式【Kozeny-Carman's equation】

固定充填(てん)層における単一流体の圧損失を表現する式.層内における流路を均一系の毛細管の集合と見なして,ポアズイユの式*を適用して得られる.

ここで u0 は空管基準の平均流速,ε は空間律,k は定数で,実験的に5.0(10%) ,S0 は固体粒子基準表面積,⊿p は圧損失,&scriptg;c は重力換算係数,μ は流体の粘度,L は充てん層の厚さとする.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone