コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均一系 きんいつけい

百科事典マイペディアの解説

均一系【きんいつけい】

単一のからなる系。不均一系の対。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんいつけい【均一系 homogeneous system】

物質の集合をその外界と区別して考えるとき,これを物質系,あるいは単に系といい,系のどの部分をとっても化学組成のみならず物理的状態も均一のとき,この系を均一系という。純粋な気体,純粋な液体,純粋な固体,混合気体,溶液,固溶体などがこれに相当し,一つの相から成っている。【佐野 瑞香

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の均一系の言及

【相】より

…相が1種類の分子(または原子)だけからなるときは純相,2種類以上含む場合は溶相と呼ばれる。また物質系が,ただ一つの相からなる場合は均一系または単相系といい,二つ以上の相を含むときは,不均一系または多相系という。均一系が温度を下げたりすることによって二つまたはそれ以上の相に分かれて不均一になることを相分離,分離した相がそのまま安定に存在することを相平衡という。…

※「均一系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

均一系の関連キーワードヘンドリック・W.B. ローゼボームネルンスト‐サイモンの原理オレフィンメタセシス反応コゼニー‐カルマンの式クラペイロンの式ヒンシェルウッド質量作用の法則表面反応速度式不均一系平衡相間移動触媒不均一系反応組成‐共生図ローゼボーム有機金属触媒均一系反応堀場 信吉相(物理)準安定状態相(化学)反応装置