コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コデッタ コデッタcodetta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コデッタ
codetta

音楽用語。コーダの縮小語で小結尾部と訳される。コーダが楽章や楽曲の結尾を意味するのに対し,コデッタは一般に楽章や楽曲を構成する部分の結尾をさす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコデッタの言及

【コーダ】より

…特にソナタ形式のコーダは重要で,ベートーベンはしばしばこれを第2展開部として扱っており,彼以後コーダはこの形式の基本部分として定着した。なお,コデッタcodetta(小結尾)という場合は,一般にソナタ形式の提示部の末尾やフーガにおける主題応答後の小終止部をさす。楽式【土田 英三郎】。…

※「コデッタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone