コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトジツノマタ

海藻海草標本図鑑の解説

コトジツノマタ

からだは細く幅の変わらないやや平たい円柱状。潮間帯下部の波あたりの強い岩上に盤状付着器から叢生する。からだの 上方で規則正しい叉状に分枝する。腋は広く先端は尖らない。皮層は小型の長円形の細胞が表面に垂直に配列し,皮下層は円形の細胞が3〜5層並ぶ。髄層は仮 根様細胞からなる。手触りは平滑で弾力がある。生体は黒みがかった濃紫色〜濃褐色だが,押し葉標本にすると黒色になる。 押し葉標本は台紙につかない。「ながまた」,「おおまた」などの地方名があり,糖尿病などに効く健康食品としても比較的高価に取引されている。銚子では『かいそうこんにゃく』として食用とする(下写真参考)。銚子では「かいそう」と言えばコトジツノマタをさす事もあるほど,親しまれている。イボツノマタの大型のものに似る事があるが,コトジツノマタはからだのへりが反り返らず,平面的であることで区別できる。ちなみに、コトジツノマタの「コトジ」とは二叉に分枝する枝の形が、琴の弦を支える琴柱に似ている事に由来している。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトジツノマタ
ことじつのまた

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコトジツノマタの言及

【ツノマタ(角又)】より

…前者をもつ体は胞子体,後者をもつ体は配偶体ということになる。近似の種に,ツノマタと同様に本州太平洋沿岸の潮間帯中部に分布するイボツノマタC.verrucosa Mikami(イラスト),潮間帯下部に分布するオオバツノマタC.giganteus Yendo,コトジツノマタC.elatus Holmesがあり,日本海沿岸にはトチャカC.crispus Stackh.がある。また北海道や本州北部の寒海にはエゾツノマタC.yendoi Yamada et Mikami(イラスト)やヒラコトジC.pinnulatus (Harv.) Okamuraが生育する。…

※「コトジツノマタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コトジツノマタの関連キーワードコトジツノマタ(琴柱角叉)ツノマタ(角又)ツノマタ(角叉)仙台角叉南部角叉長角叉黒海葱長叉海葱

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android