コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コネティカット川 コネティカットがわConnecticut River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コネティカット川
コネティカットがわ
Connecticut River

アメリカ合衆国,ニューイングランド地方最大の川。全長約 655km。流域面積2万 8710km2ニューハンプシャー州北西部,カナダとの国境付近のコネティカット湖に発し,直線的にニューハンプシャー州とバーモント州境を南流し,マサチューセッツ州中西部,コネティカット州中央部を横断して,ロングアイランド海峡に注ぐ。 1614年,オランダの商人 A.ブロックが河岸に到達した。川の名前は,「潮の干満の大きい川」というインディアンの言葉からきたものである。支流は一般に短小急流で狭い谷をつくり,本流とともに水力発電の開発が著しい。河谷は肥沃で農業が発達し,古くから交通路としても利用された。沿岸には,ハートフォードウェザーズフィールドなどの工業都市がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コネティカット川の関連キーワードスプリングフィールド(アメリカ合衆国、マサチューセッツ州)マサチューセッツ[州]イーストハートフォードコネティカット基本法スプリングフィールドコネティカット[州]ニュー・ハンプシャーバーモント[州]ディアフィールドノーサンプトン信仰復興運動ホールヨークブラトルバラミドルタウンオールダムハノーバーピンチョンチコピー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android