コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本流 ホンリュウ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐りゅう〔‐リウ〕【本流】

二つ以上の河川が合流しているとき、最も根幹をなす流れ。主流。⇔支流
中心をなす系統。主流。「保守本流

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんりゅう【本流】

川の根幹となる流れ。主流。 ↔ 支流
主となる流派。主流。 「保守-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の本流の言及

【川】より

…日本では扇状地にみられる。 1本の川には,一般に多数の川が次々に集まってくるが,水量,河道の長さ,流域の広さなどにおいて有力なものを幹川あるいは本流と呼び,幹川に合流するものを支川(支流),幹川から分派して直接海に入るか再び幹川に合流するものを派川または派流(分流)という。これら全体を総称して水系または河系とよぶ。…

※「本流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本流の関連キーワードバックウオーターメーンストリームミシシッピ[川]トカンティンス川北ドビナ[川]ピース[川]阿波連 明美阿波連 本啓グリーン川切離低気圧荒川放水路矢木沢ダムアンガラ白ナイル保守本流保守傍流加勢川オノン新淀川十津川

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本流の関連情報