コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバイケイソウ

百科事典マイペディアの解説

コバイケイソウ

北海道,本州中北部の高山〜亜高山の湿った草地に群生するユリ科の多年草。茎は太く,高さ1mに達し,葉は長楕円形で,長さ10〜20cm,縦じわがあり,基部は鞘(さや)となって茎を包む。
→関連項目東海丘陵湧水湿地群

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コバイケイソウ

バイケイソウ(梅蕙草)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コバイケイソウ
こばいけいそう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコバイケイソウの言及

【バイケイソウ】より

…中国大陸東北部,東シベリア,カムチャツカに分布する。 近縁種コバイケイソウV.stamineum Maxim.は亜高山帯の湿地の景観を代表する植物の一つで,花被片は白色で美しく,子房に縮れ毛がないので区別される。シュロソウV.maackii Regel var.japonicum (Baker) T.Shimizu(イラスト)はより小型の植物で,花被は暗紫色である。…

※「コバイケイソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コバイケイソウの関連キーワード中央アルプス県立自然公園黒部五郎岳沼原湿原高山草原梅蕙草双六岳雪渓月山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コバイケイソウの関連情報