東海丘陵湧水湿地群(読み)とうかいきゅうりょうゆうすいしっちぐん

百科事典マイペディアの解説

東海丘陵湧水湿地群【とうかいきゅうりょうゆうすいしっちぐん】

2012年7月にラムサール条約湿地として登録された,愛知県豊田市の丘陵地帯にある湿地の総称。市域をほぼ南北に貫通する東海環状自動車道の鞍ヶ池パーキングエリア周辺に点在する矢波湿地・上高湿地・恩真寺湿地を指す。ミカワシオガマやミカワバイケイソウなど東海地方の固有種が狭い範囲で確認されている点に特徴があり,トンボをはじめ水生動物も多数生息している。名古屋鉄道の豊田市駅からバス。→シオガマギクコバイケイソウ
→関連項目ラムサール条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

事典 日本の地域遺産の解説

東海丘陵湧水湿地群

(愛知県豊田市)
ラムサール条約湿地」指定の地域遺産。
非泥炭性湿地(貧栄養性湿地)、シラタマホシクサ等の生育地、ヒメタイコウチ等の生息地。国定公園特別地域。愛知県豊田市の矢並湿地と上高湿地、恩真寺湿地の3つの湿地からなる

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android