コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コピー建築 こぴーけんちく Duplitecture

1件 の用語解説(コピー建築の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

コピー建築

既存の建造物を模倣して建てられた建築物を指す、米国の建築史家ビアンカ・ボスカーによる造語。原語は「duplitecture」。中国で世界的に有名な建造物を真似る例が相次いでいることを受け、同氏は自著『Original Copies: Architectural Mimicry in Contemporary China(オリジナルコピー:現代中国の模倣建築)』の中で「コピー建築」という言葉を用い、同国のコピー文化について検証している。中国におけるコピー建築の代表的な例に、エジプトの遺跡・スフィンクスの実物大の構造物、フランス・パリのエッフェル塔などがある。

(2014-5-29)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コピー建築の関連キーワード等価交換方式移築鞘堂ビルディングクインシーマーケットコロニアルスタイル平屋立体道路制度富山県小矢部市アシャンティの伝統的建築物群

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コピー建築の関連情報