原語(読み)げんご

精選版 日本国語大辞典「原語」の解説

げん‐ご【原語】

〘名〙 訳したり、改めたりしないもとの語。多く、翻訳していない、もとの綴りのままの外国語をいう。
※新聞雑誌‐二一号・明治四年(1871)一一月「其各国の原書原語(ゲンコ)を学ぶはまた各其好む所に従て可なりと云」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉王政維新「早速翻訳する中に、コンペチションと云ふ原語(ゲンゴ)に出逢ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「原語」の解説

げん‐ご【原語】

もとの語。翻訳した言葉に対して、そのもとになった外国の言葉。「原語で味わう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例