コブクロ(読み)こぶくろ

知恵蔵miniの解説

日本のフォークデュオ。メンバーは小渕健太郎(こぶち けんたろう。ボーカル、ギター)、黒田俊介(くろだ しゅんすけ。ボーカル)。デュオの名称は2人の名字からつけられた。各自単独で路上ライブを行っていた時に出会い、1998年に結成。2001年、ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビューした。05年に発売されたシングル「ここにしか咲かない花」と「」が大ヒットし、同年発売のアルバム「NAMELESS WORLD」は100万枚突破を記録。同年末にNHK 紅白歌合戦への初出場を果たす。07年にはシングル「(つぼみ)」が第49回日本レコード大賞を受賞した。以後もヒットを飛ばしていたが、小渕が発声時頸部ジストニアを患って声が出にくくなり、黒田も腰や疲労が蓄積されていたことから、11年8月末に休養を発表、翌年7月に復活した。13年、14年冬に開催されるソチオリンピック・パラリンピックのNHK放送テーマソングを担当することが決定した。

(2013-9-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コブクロの関連情報