コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブクロ こぶくろ

2件 の用語解説(コブクロの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

コブクロ

日本のフォークデュオ。メンバー小渕健太郎(こぶち けんたろう。ボーカルギター)、黒田俊介(くろだ しゅんすけ。ボーカル)。デュオの名称は2人の名字からつけられた。各自単独で路上ライブを行っていた時に出会い、1998年に結成。2001年、ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビューした。05年に発売されたシングルここにしか咲かない花」と「桜」が大ヒットし、同年発売のアルバム「NAMELESS WORLD」は100万枚突破を記録。同年末にNHK 紅白歌合戦への初出場を果たす。07年にはシングル「蕾(つぼみ)」が第49回日本レコード大賞を受賞した。以後もヒットを飛ばしていたが、小渕が発声時頸部ジストニアを患って声が出にくくなり、黒田も腰や喉に疲労が蓄積されていたことから、11年8月末に休養を発表、翌年7月に復活した。13年、14年冬に開催されるソチオリンピックパラリンピックのNHK放送テーマソングを担当することが決定した。

(2013-9-11)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

タレントデータバンクの解説

コブクロ


グループ
コブクロ

グループメンバー
黒田 俊介/小渕 健太郎

デビュー年
2001

職種
音楽

プロフィール
1998年、大阪府堺市で路上ライブでの出会いをきっかけにコンビ結成。ユニット名は、2人の名字、小渕(コブチ)と黒田(クロダ)から名づけられた。関西でのインディーズ活動後、2001年3月『YELL~エール~/Bell』でメジャーデビュー。『第47回輝く!日本レコード大賞』で金賞受賞。数多くのヒット曲を世に排出するフォークデュオ。

デビュー作
『YELL~エール~/BELL』

代表作品
『YELL~エール~/BELL』(2001) / アルバム『NAMELESS WORLD』 / シングル『桜』(2005)

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コブクロの関連情報