コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブド Khovd/Ховд

デジタル大辞泉の解説

コブド(Khovd/Ховд)

ホブド

ホブド(Khovd/Ховд)

モンゴル西部の都市。ホブド県の県都。アルタイ山脈の北西麓、ブヤント川沿いに位置する。オイラートジュンガル部の首長ガルダンが支配していたが、清朝により討伐。1730年に清朝が城を築いて統治の中心地とし、ロシアとの交易の中継地として栄えた。かつての城壁サンギーンヘレムが残っている。また、周辺には多くの少数民族が居住することで知られる。コブド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

コブドの関連キーワードタルバガタイ(塔爾巴哈台)条約ツァヒャギン エルベグドルジハル・ウス・ノール[湖]ツァスト・ボグド山イリ(伊犂)条約モンゴル(国)烏里雅蘇台将軍オイラート語モンゴル高原ハラ・ウス湖カルムイク語ウラーンゴムチャンドマニジルガランタハルオス湖ホブド州アマヅルウルギー甘蔓

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android