コペンハーゲン言語学派(読み)コペンハーゲンげんごがくは

百科事典マイペディアの解説

コペンハーゲン言語学派【コペンハーゲンげんごがくは】

L.イェルムスレウとV.ブレンダルによって1931年に結成された言語学の学派。機関誌《国際構造言語学誌》(1939年創刊)。ソシュールに学びつつ,言語素論,形/実質の2分説などを唱えて言語の形式的理論に寄与した。→構造言語学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android