機関誌(読み)きかんし(英語表記)organ

翻訳|organ

精選版 日本国語大辞典 「機関誌」の意味・読み・例文・類語

きかん‐し キクヮン‥【機関誌】

〘名〙 =きかんざっし(機関雑誌)〔アルス新語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

図書館情報学用語辞典 第5版 「機関誌」の解説

機関誌

学会協会,研究機関,非営利組織などの活動内容あるいは活動に関連したトピックを掲載している逐次刊行物学術雑誌である学会誌も含まれる.企業が刊行する雑誌は,機関誌とは普通は呼ばない.機能としては,広報誌と重なるが,機関誌は客観的な情報伝達を意図しているとみなすことができる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android