コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コホーテク彗星 コホーテクスイセイ

デジタル大辞泉の解説

コホーテク‐すいせい【コホーテク×彗星】

1973年3月、チェコスロバキアのルボシュ=コホーテクが発見した非周期彗星。翌年1月に地球に接近し、肉眼でも観測された。発見当初、大彗星になると予想されたが、最も増光した時でも3等級程度だった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

コホーテク彗星の関連キーワード秋山清神代辰巳沢渡朔船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰ポセイドン新藤兼人

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone