コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマーロム Komárom

デジタル大辞泉の解説

コマーロム(Komárom)

ハンガリー北西部の都市。ドナウ川右岸に位置し、対岸のスロバキアの町コマールノエルジェーベト橋で結ばれる。古くから軍事的要衝であり、11世紀に初代ハンガリー王イシュトバーン1世が土塁を築いた。19世紀に建造または再建されたイグマーンディ要塞モノシュトル要塞チッラグ要塞という三つの要塞がある。作家ヨーカイ=モールの生地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコマーロムの言及

【コマールノ】より

…人口3万7000(1991)。1919年まで対岸のハンガリー領のコマーロムKomáromと一つの町を構成していた。造船,製靴,タバコ,食品工業が発達し,南東欧との鉄道,河川交通の要衝。…

※「コマーロム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コマーロムの関連キーワードF. レハールラースロー5世レハール

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android