コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミッサール komissar

世界大百科事典 第2版の解説

コミッサール【komissar】

ロシアおよびソ連邦で,特定部門における全権を帯びた委員をいう。ロシアでは,1917年の二月革命後,臨時政府が帝政時代の県知事に代わる地方行政官として県コミッサールを,郡には郡コミッサールを任命した。また軍隊にもコミッサールが派遣され,十月革命の過程では多くの機関や企業の長らも一時期さまざまなコミッサールを名のった。その後も使用された主要なものは,次の二つである。(1)人民委員narodnyi komissar(1917‐46) 十月革命後組織されたソビエト政府内の各政策担当部門(人民委員部とよばれ,現在の省にあたる)の長のこと。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコミッサールの言及

【ソビエト連邦】より

… 当時の赤軍にとって最大の難問は,階級的ないしイデオロギー的純粋性と戦闘効率とを,いかにして両立させるかであった。RVSR(議長トロツキー)の採った応急策は,旧帝政軍の将校を〈軍事専門家〉として赤軍に編入し,その政治的目付役としてコミッサールを併せて配置することであった。こうしてイデオロギーか,専門的知識・技術かのジレンマは,その後も長く尾を引くことになるが,このほかにも組織原則(正規軍対民兵)をめぐる論争があり,いずれも赤軍誕生時の事情に起因する。…

※「コミッサール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コミッサールの関連キーワードイワン コーネフシェピーロフコーネフ赤軍

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android