全権(読み)ぜんけん

精選版 日本国語大辞典「全権」の解説

ぜん‐けん【全権】

〘名〙
① いっさいの権限、または権利。十分の権力、または権利。
※幕末御触書集成‐三・安政四年(1857)五月二六日「日本国米利堅合衆国条約〈〉各政府の全権を持て可否を評議し」
※幕末御触書集成‐三・安政元年(1854)三月三日「日本国米利堅合衆国和親条約〈略〉合衆国より全権マッゼウ、カルブレズ、ペルリ(人名)を日本に差越し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「全権」の解説

ぜん‐けん【全権】

委任された事柄を処理できる一切の権限。「交渉全権を委ねる」
すべての権力。完全な権力。「社の全権を掌握する」
全権委員」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android