コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラール編曲 コラールへんきょく chorale music; Choralbearbeitung

1件 の用語解説(コラール編曲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラール編曲
コラールへんきょく
chorale music; Choralbearbeitung

コラールに基づいて作曲された作品の一般的名称。狭義には,17~18世紀のドイツプロテスタント教会コラールによる多声部作品をいう。コラール・カンタータ,コラール・モテト,コラール・プレリュード,コラール・ファンタジー,コラール・パルティータなど。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコラール編曲の言及

【編曲】より

…バロック時代において編曲は新たな意義をもつに至る。コラールの旋律を基礎にモテット,カンタータ,幻想曲,前奏曲などを作曲するいわゆるコラール編曲が盛んに行われ,たとえばJ.S.バッハのカンタータ《目覚めよと呼ぶ声あり》(BWV140)は代表的な例である。そのほか,J.S.バッハはビバルディらの作品を数多くチェンバロ(ハープシコード)用に編曲している。…

※「コラール編曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コラール編曲の関連キーワードオルガンコラールアルプス交響曲エジプト風エル・サロン・メヒコオンファールの糸車寄港地グラゴル・ミサ魔法使いの弟子モンポウ:前奏曲 第10番/piano soloカッツ=チェルニン:シューベルト・ブルース/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone