コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラール編曲 コラールへんきょくchorale music; Choralbearbeitung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラール編曲
コラールへんきょく
chorale music; Choralbearbeitung

コラールに基づいて作曲された作品の一般的名称。狭義には,17~18世紀のドイツ・プロテスタント教会のコラールによる多声部作品をいう。コラール・カンタータ,コラール・モテト,コラール・プレリュード,コラール・ファンタジー,コラール・パルティータなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコラール編曲の言及

【編曲】より

…バロック時代において編曲は新たな意義をもつに至る。コラールの旋律を基礎にモテット,カンタータ,幻想曲,前奏曲などを作曲するいわゆるコラール編曲が盛んに行われ,たとえばJ.S.バッハのカンタータ《目覚めよと呼ぶ声あり》(BWV140)は代表的な例である。そのほか,J.S.バッハはビバルディらの作品を数多くチェンバロ(ハープシコード)用に編曲している。…

※「コラール編曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コラール編曲の関連キーワードバッハ:フーガ ト長調 (コラール「神よ、慈しみをもって我を遇し」に基づく)/piano soloコラール(賛美歌)プレトリウスコラールシャイト

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android