コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリスモス chōrismos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリスモス
chōrismos

「離れて存在する」の意味のギリシア語アリストテレスプラトン学派イデア論を評するために用いた言葉。イデアは個物から離れて独立に存在するといわれていたのをアリストテレスは,イデアとは多くのものに普遍的に述語づけられる類概念のごときものであり,個物から独立した存在ではないとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android